FXはハイリスクか?

レバレッジの使い方がリスクをコントロール

 FXはハイリスクだという一部の投資家がいます。その最たる要因はレバレッジです。外貨預金や外貨MMFなどの外貨建て商品とFXとの大きな違いのひとつが、FXでは小額を元手にレバレッジを効かせて投資できるという点です。
 通常、1ドル=100円のときに1万ドルを購入しようとした場合、外貨預金では100万円必要なのに対し、FXではレバレッジを効かせることで数分の一から数十分の一のお金で済みます。今では、5,000円や10,000円の資金で1万ドル購入できるFX会社も珍しくありません。

 1ドル=100円で買った米ドルが105円に上昇したとします。100万円を預けてレバレッジ1倍で取引したとすると、100万円が105万円になり5万円の為替差益を得ます。つまり預入金が5%増えたことになります。

 では5万円を預けて取引した場合、つまりレバレッジを20倍として取引をした場合はどうでしょうか?

 先ほど同様、為替差益を5万円得ることになりますが、最初に預け入れた5万円が10万円になるのですから、資金の増加率は100%になります。レバレッジ1倍のときは5%なのに、レバレッジを20倍にしているため、100%もの大きな増加率になるのです。

 このように、FXは資金効率がほかの外貨建て投資よりいいのが魅力ですが、予想と反対方向へ為替相場が動いた場合、レバレッジを高めた分だけ損失のスピードが高まります。たとえば預けた証拠金に対し、レバレッジ100倍で取引をすると為替相場が1%動いただけで100%の損失を被ることもあるのです。

 しかし、レバレッジの設定をするのは投資家自身であり、FXではローリスクでの運用も当然可能です。また、一定の損失が出た段階でポジションを手仕舞う、いわゆる損切りの設定も出来ます。
 つまり、ハイリスクにするのもローリスクにするのも投資家自身であり、リスク管理をしっかりすることでリスクコントロールは可能なのです。FXで末永く儲けようと思ったら、常にハイレバレッジで運用するのではなく、状況に応じてレバレッジと注文方法を上手に使いこなすことが大切です。