FXとリスク管理のポイント

リスク管理

 FXは投資であり、利益を出すこともあれば損失を出すこともあります。FXに限らず、投資商品で資産を運用する際に大切なのがリスク管理。
 では、FXにおけるリスク管理とはどんなことでしょうか?

レバレッジのコントロール

 まず一つ目がレバレッジの管理です。レバレッジを大きく効かせて取引できるのはFXの大きなメリットでもありますが、常にハイレバレッジな取引を続けていることはハイリスクであることを忘れてはいけません。デイトレや短期投資で勝負時にレバレッジを高めることはあるでしょうが、中長期投資ではレバレッジをかけすぎないように心がけましょう。

ロスカットの設定

 FXでは予想とは反対方向へ急激に為替レートが変動することがしばしばあります。長期投資でスワップによる利益を上げることを目的として、証拠金に充分な余裕を持っているなら別ですが、通常の取引では損失を最小限に食い止めるようロスカットの設定を前もって設定しなくてはなりません。

分散投資

 通貨ペアには特徴があり、経済的に関連性の深い通貨の為替レートは相関性が強くなる傾向があります。【豪ドルとNZドル】、【米ドルとカナダドル】、【ユーロとスイスフラン】などです。例えばニュージーランドの経済は最大の貿易相手国であるオーストラリアと密接であり、オーストラリア経済が悪化すると必然的にニュージーランド経済にも波及してきます。このため、豪ドルが下落するとNZドルも連れ安になる傾向が強いのです。
 このため、豪ドル円とNZドル円に投資をしてもリスクは分散されず、両通貨が下落した際には損失額も大きなものになります。
 また、『豪ドル円と米ドル円の買いポジションを保有しているから分散投資しています!』という方も中にはいますが、この場合、どちらの通貨ペアにも『円』が絡んでおり、円高が進行した場合にはどちらの通貨ペアも損失を抱えることとなり、分散投資効果は薄いものとなります。
 とくに中長期投資ではリスク分散のためにも、通貨ペアを選ぶ際には相関性の低い通貨ペアを選ぶよう心がけましょう。また、通貨ペアの相関性は変化するので注意してください。