スワップと為替差益|FX比較ランキング

FXの目的はスワップ狙い?為替差益狙い?

 FXで得ることができる利益には2つあります。それは、スワップポイント(スワップ金利)と為替差益です。
 どちらを主な目的としているかで、FXの取引姿勢は異なるものとなります。

スワップポイントを狙うFX

 スワップポイントとは通貨間の金利差による利息のようなもので、金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買うと、毎日口座にスワップポイントが入ってきます。
 日本は超低金利政策を敢行しており、円を売って高金利通貨を買うことで、年間5%以上の利息を受けることも可能です。しかも、FXではレバレッジを効かせた取引が可能ですので、たとえばレバレッジ3倍で運用した場合、年15〜20%ものスワップポイントを受取ることの出来る通過ペアも存在します。
 スワップポイント狙いのFXで気をつけなくてはならないのが、新規注文時の為替レートです。最低でも過去5年程度の為替レートを確認し、現在のレートが高値圏にあるなら相場の下落による為替差損を被る危険性があるので、手を出さない方が無難です。じっくりと注文の機会を待つこともFXでは大切です。
 FX会社を選ぶ際にはスワップポイントが高いかどうかを確認するのが重要です。

為替差益を狙うFX

 為替レートは常に変化するのが当たり前です。将来的に相場が上昇するか下降するかを予想して通貨ペアを売買し、予想通りに相場が推移すれば為替差益による利益を得ることができます。スワップ狙いと異なり、『豪ドル円を売る』などのように金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買うというケースもあります。為替差益を狙ったFXには、ポジションを保有する期間によって1回の取引で求める利益やリスクのとり方などが異なります。
 スワップポイント(スワップ金利)を狙ったFXよりも大きなレバレッジになる場合が多いため、デイトレ以外の取引では、一定以上の損失を食い止めるためにロスカットの設定は必要不可欠です。
 FX会社を選ぶ際には、マーケット情報のスピーディさや取引画面の扱いやすさのほか、スプレッド幅や最大レバレッジも重要事項となってきます。