スプレッド幅でFX会社を比較

スプレッド1銭未満のFX会社も当たり前!

 テレビでドル円やユーロ円などの為替レートを報じるとき、1ドル=79円97銭〜80円00銭といったように、2つのレートを提示します。これは、『ドル円を売るときは79.97円、買うときは80.00円です』という意味を持っています。つまり、外国為替市場では、売買のレートに開きがあるのです。この、買う場合と売る場合のレートの差をスプレッドと呼びます。
 一般的に、FX取引会社が提示するスプレッドは銀行のそれより広く設定される場合が多い傾向があり、FX取引会社の収入源(利益)のひとつとなっています。このスプレッドは、各社によって多少の違いが見られ、とくに短期投資を目的にFXを始められる方は、取引手数料が無料であることに加え、スプレッド幅が狭い会社を選ぶことが有利なトレード環境実現に欠かせません。
 このページでは各社の主要通貨ペアのスプレッド幅を一覧表にしてみました。
 おすすめは、スプレッド幅の狭さが業界ナンバーワンで、iPhoneやアンドロイドケータイなどスマートフォン専用取引ツールもリリースしているDMM.com証券GMOクリック証券。チャートシステムの視認性、機能性も抜群!全額信託保全だから、安心して資産を預けることが出来る業者です。
 とくにGMOクリック証券はオリコンの調査でも満足度も高く、様々な投資商品をラインナップする総合証券会社。FX以外の投資も今後したいと考えている方には絶対におすすめです。

主要通貨ペアのスプレッド幅一覧表

会社名
〔FX口座名〕
スプレッド幅 単位:銭またはPips 詳細
ページ
ドル円
米ドル/日本円
ユーロ円
ユーロ/日本円
ユーロドル
ユーロ/米ドル
ポンド円
英ポンド/日本円
ポンドドル
英ポンド/米ドル
豪ドル円
豪ドル/日本円
上田ハーローFX 0〜 3 3 6 4 4 上田ハーローFX
NTTスマートトレード 2 5 - 8 - 5 NTTスマートトレード
IG証券 0.9 1.9 1 4 2〜 3 FXオンライン・ジャパン
FXトレーディングシステムズ 0.3 0.9〜1.2 0.5〜0.9 4.7〜4.9 2.6 3.6 FXトレーディングシステムズ
FXプライム 2 4 5 6 6 5 FXプライム
みんなのFX 0.5〜1.0 0.9〜1.8 0.9〜1.6 1.6〜2.2 4.0 1.9〜2.5 EMCOM証券
外為ジャパン 0.4 0.7 0.6 1.2 1.8 1.2 外為ジャパン
外為オンライン 1 2 2 5 3 5 外為オンライン
GMOクリック証券 0.4銭
原則固定
0.8銭
原則固定
0.6pips
原則固定
1.3銭
原則固定
1.5pips
原則固定
1.2銭
原則固定
クリック証券
YJFX! 0.3銭
原則固定
0.7銭
原則固定
0.6pips
原則固定
1.2銭
原則固定
1.5pips
原則固定
0.8銭
原則固定
サイバーエージェントFX 外貨ex
セントラル短資FX 2 4 3 6 5 5 セントラル短資 FX
DMM.com証券 DMM FX 0.4 0.8 0.6 1.3 1.5 1.2 DMM.com
ひまわり証券 2 3 2 6 8 4 ひまわり証券
ヒロセ通商
0.5〜0.6 0.9 0.7 1.8 1.5 1.3 ヒロセ通商
FXCMジャパン 0.6 1.9 0.9 4 4 5 フォーランドオンライン
マネックスFX 2 3 2 5 5 4 マネックスFX
マネーパートナーズ 1.2 2.2 1.8 4.2 4.8 2.8 マネーパートナーズ